レンタル袴返却時のトラブル


レンタルで袴を利用するとリーズナブルな値段で、色々な種類の中から選べるのでとても便利な手段だと言えます。 しかし、これを利用するには借りる時に、どんな規約があるかをしっかり確認しておくことも大事です。 それを良く知らないままで借りていると、返却する時にトラブルになる可能性も少なくありません。 たとえば、袴を借りて返すまでの日数です。 期限を過ぎてしまうと延滞料が加算されるので、必ず守るようにしましょう。 都合により返すのが遅れてしまって延滞料が発生した時の加算率も、把握しておくことです。 そして、袴を借りた時に商品を汚してしまった時は、絶対に自分で洗濯しないことを規約にしているので、そのまま返すようにしましょう。 想定できるほどの汚れであれば貸し出したお店で対処してもらえることが多いのですが、著しく汚損や破損された場合には、クリーニング代、修理費に加えて商品の利用不能期間の保障まあで請求されることがあるので、注意深く扱いましょう。 また、袴を紛失してしまった場合には、利用者は買い取り価格の代金を支払わなければなりません。 手軽に借りられる袴ですが、レンタルの商品であることを忘れてはいけません。 ついうっかり汚してしまった程度であれば、許容範囲だと認めてくれますが、事前にこのようなトラブルにならないためには、着用時にも出来る限り注意しておくようにしましょう。 規約を守ったマナーある利用をすることを心がけるようにしましょう。