卒業式で袴をレンタルする便利な方法


卒業式で袴をレンタルする一番便利な方法として、学生生協が行う校内での出張お見たて会があります。 わざわざお店に足を運ぶ事も無く、登校時に選ぶ事が出来ます。 お見たて会のお知らせと、何店舗からのカタグが学生生協から事前に自宅に送られて来ます。 あらかじめカタログで希望の袴と価格の確認等をしておくと選びやすいです。 日を変えて、いくつかのレンタル会社が沢山の袴を用意して校内の会場へ訪問します。 気に入った袴や小物が決まったら申し込みをします。 その際、当日の写真の申し込みも出来ます。支払いは後日支払い期限内に学生生協で扱う所が多いです。 卒業式当日に校内に特設された着付け会場に指定された時間に行き、自分でメイクを済ませてからヘアと着付けに入ります。 ヘアは希望のスタイルの写真等を持参して行くとイメージが伝わりやすく短時間で仕上がります。写真撮影を申し込みした人は、着付けが終わったら、写真を撮ります。撮影時間は30分程です。 写真館が出張して来て撮影をします。式後は返却時間内に着付けを行った会場に戻り着替えし返却となります。 登校ついでに立ちり寄って申し込みが出来て前撮りの予約も不要で当日迄の袴の保管の手間もかかりません。 この流れが一番時間と準備の心配が全く要らず一番便利な方法になります。初めての事で、つい心配と時間をかけてしまいがちですが、当日パッと済ませてサッと返却が出来るので気持ちにも余裕が出来ます。 ”