15 9月

卒業式で袴をレンタルする便利な方法

卒業式で袴をレンタルする一番便利な方法として、学生生協が行う校内での出張お見たて会があります。
わざわざお店に足を運ぶ事も無く、登校時に選ぶ事が出来ます。
お見たて会のお知らせと、何店舗からのカタグが学生生協から事前に自宅に送られて来ます。
あらかじめカタログで希望の袴と価格の確認等をしておくと選びやすいです。
日を変えて、いくつかのレンタル会社が沢山の袴を用意して校内の会場へ訪問します。
気に入った袴や小物が決まったら申し込みをします。
その際、当日の写真の申し込みも出来ます。支払いは後日支払い期限内に学生生協で扱う所が多いです。
卒業式当日に校内に特設された着付け会場に指定された時間に行き、自分でメイクを済ませてからヘアと着付けに入ります。
ヘアは希望のスタイルの写真等を持参して行くとイメージが伝わりやすく短時間で仕上がります。写真撮影を申し込みした人は、着付けが終わったら、写真を撮ります。撮影時間は30分程です。
写真館が出張して来て撮影をします。式後は返却時間内に着付けを行った会場に戻り着替えし返却となります。
登校ついでに立ちり寄って申し込みが出来て前撮りの予約も不要で当日迄の袴の保管の手間もかかりません。
この流れが一番時間と準備の心配が全く要らず一番便利な方法になります。初めての事で、つい心配と時間をかけてしまいがちですが、当日パッと済ませてサッと返却が出来るので気持ちにも余裕が出来ます。

13 9月

レンタル袴返却時のトラブル

レンタルで袴を利用するとリーズナブルな値段で、色々な種類の中から選べるのでとても便利な手段だと言えます。
しかし、これを利用するには借りる時に、どんな規約があるかをしっかり確認しておくことも大事です。
それを良く知らないままで借りていると、返却する時にトラブルになる可能性も少なくありません。
たとえば、袴を借りて返すまでの日数です。
期限を過ぎてしまうと延滞料が加算されるので、必ず守るようにしましょう。
都合により返すのが遅れてしまって延滞料が発生した時の加算率も、把握しておくことです。

そして、袴を借りた時に商品を汚してしまった時は、絶対に自分で洗濯しないことを規約にしているので、そのまま返すようにしましょう。
想定できるほどの汚れであれば貸し出したお店で対処してもらえることが多いのですが、著しく汚損や破損された場合には、クリーニング代、修理費に加えて商品の利用不能期間の保障まあで請求されることがあるので、注意深く扱いましょう。

また、袴を紛失してしまった場合には、利用者は買い取り価格の代金を支払わなければなりません。

手軽に借りられる袴ですが、レンタルの商品であることを忘れてはいけません。

ついうっかり汚してしまった程度であれば、許容範囲だと認めてくれますが、事前にこのようなトラブルにならないためには、着用時にも出来る限り注意しておくようにしましょう。

規約を守ったマナーある利用をすることを心がけるようにしましょう。

11 9月

成人式で借りる袴の相場:男性編

大人の仲間入りをする成人式は、とても厳粛な気持ちになる大切な日です。
近年では、日本の伝統的な和装を好んで袴を着用する男性も良く見かけるようになりました。
スーツと違って、袴を購入する方はあまり多くはいません。
ですが、レンタルを利用すれば、リーズナブルな値段で好きな袴を成人式のために借りられるので、利便性が高くなっているせいも後押ししているでしょう。

大体の男性の袴のレンタルでは、単品であれば1万円から1万5千円でも借りることが可能です。
しかし、一般的には袴だけを借りると言うケースはまれなので、全てセットで借りるようになるので、4~5万円ほどかかるようになります。
ネット通販では、色々なショップでも多彩な品ぞろえをしているので、前もって予約をしておくことで割引が適用できるショップもあります。

ネット通販の専門店で借りられるので、ブランド商品や流行の商品を借りることが出来るので、時代に合ったものを選べると言うメリットもあります。
ただ、相場としてそれだけの金額がかかると言うことを知っておくことで、スーツを購入する方が適していると考える人もいますし、記念すべき成人の日だから奮発して袴を来て参加したいと言う人もいるので、それは個々の考え方次第になります。

晴れの日をどんな格好で迎えるかを悩んでいる新成人にとっても、借りる時にはどれくらいの値段で可能なのか、おおまかであっても目安を知っておくと参考になるでしょう。